トランプリンク

プリザーブドフラワーのある生活

プリザーブドフラワーを長持ちさせる飾り方

プリザーブドフラワーは、生花とドライフラワーの良いところを兼ね備えており、プレゼントとしても人気があります。
もともと長持ちするお花ですが、飾り方によって、さらに花の寿命を延ばすことができます。
飾る場所としては、湿気に弱いので、トイレやバスルームなどの水がかかりやすい場所は、避けたほうが無難です。
梅雨など湿気の多い季節は、水けを帯びて花が柔らかくなってしまうことがあるので、注意が必要です。
空調の整った部屋に飾るのがベストでしょう。
また、室内に飾るために作られているため、屋外や、直射日光の当たる場所はNGとなります。
意外ですが、プリザーブドフラワーには虫がつくことがあります。
最もつきやすい季節は梅雨から秋にかけての高温多湿の時期です。
虫が発生しにくい、乾燥した涼しい部屋に飾るようにしましょう。
飾る前に、あらかじめ虫がつきそうな花やグリーンを抜いておくこともできます。
このようなことに気を付けながら、プリザーブドフラワーをインテリアに取り入れてみてはいかがでしょう。

プリザーブドフラワーの飾り方

花を特殊な液体につけ水分を取り除いたプリザーブドフラワーは、美しさはそのままで、長期間楽しむことができるようになります。
美しく飾るにはどのようなものがあるかというと、まずガラスの容器に入れるという飾り方です。
丸いものや四角などガラスでできた容器のなかにプリザーブドフラワーを飾り付けます。
一緒にパールなどの装飾をしてもかわいらしくなります。
ガラスの容器に入れることで高級感が増します。
そしてそれをテーブルの上においたり、玄関の棚に置いたりするだけでぐっとおしゃれな部屋にすることができます。
花のある生活はとても豊かなものです。
しかし生花を手入れするのはなかなか大変です。
そのようなときに、花を楽しみつつしかしめんどうな手間はかからないというものがとても便利になります。
ぜひプリザーブドフラワーを買ったり、作ってみたりして飾り付けを行い、部屋に飾ってみてください。
そうすることでワンランク上の生活になります。

Valuable information

塾を中百舌鳥駅の近くで探す

Last update:2018/8/30